賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

マイホームと賃貸、どちらに住むのか迷う時期がきます。自分のこれからのライフスタイルを考えてから決めましょう。

賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

ある程度年を重ねてくると、貯蓄も増えてそろそろマイホームを購入しようという人も出てきます。このまま賃貸に住み続けるか、それとも自分の家を購入しそこに落ち着くのか迷うのではないでしょうか。そうであるならば、まずは今自分に住むのに向いている家はどちらなのかしっかり考える必要があります。

マイホームを持つとき、必ず言われるのが「賃貸で家賃を払い続けるぐらいならローンを払って家を手に入れた方がいい」という言葉です。一見正当な意見です。しかし、ここに落とし穴があります。今の時代、ひとつのところに落ち着く仕事というのは限られています。転勤、転職に伴いやむをえず引っ越すことが多いのが現状です。転勤して別のところに家を借りるのでマイホームのローンを払わなくていいかというと、そうではありません。賃貸なら出てしまえば終わりですが、ローンはずっと払い続けなければいけないのです。また、両親の介護が必要になり一緒に住まなければならなくなるなど、人生のライフスタイルごとに住む家を変えなければなりません。そして家も消耗品です。長年住んでいれば修理や建て替えなどしなければ住み続けることができません。

つまり、働き盛りにマイホームは向かないと言えます。これからどんどん生活が変化していくからです。人間、できればひとつのところに落ち着くのが一番とよく言われますがそれはその地域がその人にとって最適で合った場合です。ある意味賃貸は住み替えがいくらでもできるという贅沢な住み方です。常に新しい家や地域に住みたい人であれば、マイホームを持たず賃貸に住み続けるのもありです。

Copyright (C)2016賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。.All rights reserved.